おじさんの工作

前回の図形工作に続き、1辺が10㎝の立方体(正六面体)も作りました。

とにかく精度にこだわって作っています。スチレンボードの厚みは3㎜なので、紙残しを内側3㎜に設定してあります。1辺10㎝正方形が書かれた紙をスプレーのりで貼り付け、カッティングします。

魚を三枚におろす感じで丁寧に「紙残し」を作ります。これを丁寧にやらないと立方体になりません。

そこにスチのりを注入します。スチのりは発泡スチロールのようなものも溶かさず貼り付けることができる専用のりです。

貼り付けたら乾くまでドラフティングテープで固定します。

完成↓

人生最後で最大最高の資格取得へのスタートはこんな感じです。酔った勢いで友人に口走って始めたことがとんでもない方向に行ってる気がします(その友人はマンション管理士とワインエキスパート取得の勉強をしています)。

そしてついにコレを買ってしまいました。絶対要るものとはいえ、、高かったなあ😢